50代 男性  秩父で三峯神社参拝

50代 男性です。
3年前の3月のことです。再婚相手とパワースポット巡りをしていました。今回、ご紹介させていただくのは、埼玉県秩父市にある「三峯神社」です。3年前の2月くらいまで、「三峯神社」の存在を知らなかったのですが、すごく御利益がある神社だということを聞いて、我慢できずに春が来るのを待って、秩父へいきました。「三峯神社」は、山の上の方にあり、一本道を車で登っていきます。東京からだと、休みを入れずに3時間弱かかります。
まだ、雪が至る所で残っていて、3月下旬でも、結構寒かったことを覚えています。
神社に到着すると、そこには、三ツ鳥居。そこに鎮座するのは、狛犬ではなく、狼の像にびっくりしました。ただならぬ神聖な雰囲気を醸し出していました。
参道を進んでいくと拝殿が見えてきます。その拝殿の前には、不思議な石畳があります。これは、ネットで見つけて、私も試してみましたが、書かれている通りでした。その不思議なこととは、ある、石畳の石に水をかけると、赤い目をした龍が浮かび上がったのです。
そして、もっと、山頂の方に行くと、展望台があります。その展望台から、目を凝らしてみると奥宮が見えるのです。私が行った時は、天気も良く、澄み渡っていたので、かろうじて、奥殿をみることができました。
とにかく、神々しい空気感が漂う神社でした。かなりの数の神社に出向いていますが、こんな空気感を出せる神社は、初めてでした。お参りを終え、下に降りていくと、茶屋があり、冷えた体を温めてくれる食事を出してくれます。煮込みを食べたのですが、冷えた体が温まりました。
ここで、二つのポイントです。一つは、三峯神社は、毎月1日に白いお守りを頒布されていました。現在は、近隣からの苦情があり、休止しているらしいのですが、この白いお守りは、通常に頒布されているお守りとは、若干違い、桁違いのパワーをさづけてくれるお守りだそうで、白い布袋には、「氣」と刺繍されているそうです。
私は、この情報を見逃していたので、参拝した時に、このことを知りました。ただ、1日は、相当な混雑をするそうで、駐車場に止めるのに数時間待つことを覚悟して行かなくてはならないとのことでした。白いお守りをいただけなかったことは、とても心残りです。
もう、一つは、参拝後、決して、後ろを振り向いては、いけないということです。ネットには、この神社を守っている狼が自分に付いてきてくれて、力を貸してくれると書かれていました。
これは、真実かどうかわかりませんが、車に乗り帰路につく時に、ドンと車に別の何かが乗ったようなことがあったとか、後ろから、人ではない、何かが付いてきている気配を感じたとか、いろんな伝説っぽい逸話が書かれていました。私は、そんな経験はしませんでしたが、このパワースポットには、感激しました。