46歳女 パワースポットと言われる神社に自転車で行きました

40代の子どもを育てる主婦です。
上の子の受験もありますし、何かとお金が必要になってくる頃ですが、主人の自営業の仕事が、少し滞っていた時期に、我が家の受験生の成績も振るわないので、ここは、神頼み!ではないですが、一つ気になっていたパワースポットと言われる神社に自転車で行きました。
自転車で30分くらいの神社で、都会の一角にひっそりと、しかし存在感のある神社で、そんなに遠くないのにも関わらず、今まで行ったことはありませんでした。
いきなり自転車でやってきた新参者が、幾つもお願いするのは失礼かと思い、息子の受験のお願いと家族の健康を願って、その神社を後にしました。
その自転車の帰り道、私は運転には注意を払っていたつもりですが、繁華街の道を通り慣れていなかったせいか、2度も歩行者にぶつかりかけてしまいました。
そして、家の近くまで帰っていた時に、カランカランと後ろのタイヤから音がしていたので見ると、自転車のスポークが折れていました。
その時に、いきなりお参りになんか行ってしまった自分の行動が浅はかすぎたんだと、ごめんなさーいと思ってしまいました。
が、その夜、主人の仕事が立て続けに発注があったと聞き、びっくりしました。子どもの成績は上がっているのかは、その時は分かりませんでしたが、低空飛行なりに、おちる事もなく、勉強量から推測すると、成績表の評定も、神様がとても頑張ってくれたのではないだろうか、と思ってしまいました。
だからと言って、慢心されると困るので、子どもには黙っていますが、自分のアクシデントに、自分の浅ましさを感じ、落ち込んでしまいましたが、結果、主人の仕事量も増えましたし、心から感謝をしてしまいました。
神頼み的なお参りは失礼かな?と未だに思いますが、一先ず、お礼には伺わないといけないと思いつつ、行くとまた、お願いを頭の中で膨らましてしまうのではないか、と自分の気持ちの弱さを感じています。
何はともあれ、感謝しています。