33歳女、天安河原のパワースポットで救われた話

33歳女、現在専業主婦です。
わたしが印象に残ったパワースポットは高千穂にある天安河原です。高千穂といえば、高千穂峡の名前がすぐに思いつくほど観光の名として知られていますが、私自身としては、遠くから眺める滝より、天安河原のほうが新鮮でした。
その当時は仕事で悩んでいて、いつもうつうつとしていました。女性が多い会社なので人間関係に悩んでいて、仕事に行くこと自体が苦痛になっていた時でした。そんな時に行ったのがここです。ちょうどテレビでも紹介されていたし、親と一緒にバスツアーに行き、まず最初に行った高千穂峡は、正直期待外れでした。距離が遠いですし、ボートに乗って、下から滝を眺めたらまた違った風景、そして印象だったのでしょうが、時間の関係上それはかなわず、次に行ったところが天安河原でした。
岩戸川に沿って下り、大きな石を踏みながら奥へと進んでいきました。昼間で、ただ川と石があるだけのところだと思いながら歩き、天安河原へ着きました。中へ入り、そして振り返ったときに、世界が一変しました。
天安河原から外を見ると、中に差し込んでくる光がすごく幻想的に見えました。空気も清々しくて、それまで重かった心がすっと軽くなるような感じがしました。今まで悩んでいたことが、すべてなくなって、新しい世界へ行ったような、そんな感覚に陥りました。
足元を見れば、願い事をかなえるために積まれた石があり、たくさんの願いがこもった場所で、こんな神聖な場所で、言葉には言い表すことは難しいですが、他の場所とは違うような感じになりました。
帰ってからは、今までと同じ生活が待っています。仕事も変わりませんし、人間関係も変わりません。でも、あのパワースポットに行ってからは、自分自身が変われたような気がしました。それからは仕事も少し楽しくなってきて、毎日が良くなった気がします。
それがパワースポットに行ったからなのかわかりませんが、わたしは行って良かったです。毎日が華やかになりました。